HOME>オススメ情報>専門的な知識を高校で習得!【イラストに関わる仕事に就こう】

専門的な知識を高校で習得!【イラストに関わる仕事に就こう】

絵を書く人

イラストレーターの業務内容

絵を描くことが得意で、専門学校や高校で教育を受けた人に向いている職種です。クライアントが望んでいる趣旨のイラストを描くのが、主な業務の内容となります。対象となるのは、ゲームキャラクターであったり、雑誌、チラシへの挿絵や広告デザインなどがあったりします。自分の描いたイラストが公共に公開され、書店で見かけることもあり、大きなやりがいを感じるシーンもあります。
昨今では手書き作成することは少なく、イラスト制作専用のアプリをインストールしたパソコンを使って描くことが多くなっています。したがって納品もクライアントには、電子ファイルにて行うのが通常です。
なお業務形態はフリーランスもしくは、企業に所属するデザイン担当などありますが、収入が安定しない傾向がありますので、名前が売れるまでは企業に属して活動するのが得策でしょう。

イラストを学ぶことが出来る学校の特徴

学生

少人数制で集中的に!

少人数による授業なら、質問もしやすく仲間意識も生まれるためスキルアップに役立ちます。

専門コースに特化する!

イラスト専門、キャラクターデザイン、もしくは漫画コースなどのように、指向する目的に合ったコースを選べます。

基礎的能力もアップする!

絵を描くために必要な基礎的な技術を養成するため、デッサンや人体クロッキーなど専門授業があります。

最新のデジタル技術も!

即戦力としてすぐに活躍できるように、最新のデジタル技術を駆使したイラスト制作能力を養成してくれます。

資格取得をサポート!

イラスト関連の様々な資格を在学中に取得できるように、各種サポートを行ってくれます。